CISMOR VOICE vol.9 (2009/4/16)
b0026025_2205086.jpgCISMOR VOICE vol.9 をこちらからダウンロードできます。
[PR]
# by cismor | 2009-04-16 16:58 | お知らせ
公開講演会「古代メソポタミアの神話と宗教」の映像を公開しました(2009/3/10)
2009年2月28日に行われました公開講演会「古代メソポタミアの神話と宗教―『ギルガメシュ叙事詩』の魅力を中心に―」の映像を公開しました。こちらからご覧ください。
[PR]
# by cismor | 2009-03-10 13:09 | お知らせ
テヘラン大学世界研究科教授 副学長 Saied Reza Ameli教授来訪(2009/2/28)
b0026025_11444223.jpg


2009年2月27日、テヘラン大学副学長Saied Reza Ameli氏(写真真ん中)、明治学院大学 教授Mohammad Naghizadeh氏(写真左)、国際交流基金日本研究知的部交流部 欧州・中東・アフリカ課 中東担当専門員 田浪亜央江氏(写真右)が来訪されました。
[PR]
# by cismor | 2009-02-28 11:42 | 来訪者紹介
公開講演会「最近のコーカサス情勢」の映像を公開しました(2009/2/24)
2月14日に開催された公開講演会「最近のコーカサス情勢―政治変動、民族紛争、宗教、グルジア紛争の影響などを中心に―」の映像を公開しました。こちらからご覧ください。
[PR]
# by cismor | 2009-02-24 09:51 | お知らせ
アメリカのグローバル戦略とイスラーム世界 (明石ライブラリー)(2009/2/12)

アメリカのグローバル戦略とイスラーム世界 (明石ライブラリー)

森 孝一 / 明石書店


[PR]
# by cismor | 2009-02-12 10:19 | 新著紹介
ユダヤ教・キリスト教・イスラームは共存できるか―一神教世界の現在 (明石ライブラリー)(2009/2/12)

ユダヤ教・キリスト教・イスラームは共存できるか―一神教世界の現在 (明石ライブラリー)

同志社大学一神教学際研究センター / 明石書店


[PR]
# by cismor | 2009-02-12 10:18 | 新著紹介
公開講演会「2008年アメリカ大統領選挙と宗教勢力」映像を公開しました(2009/2/12)
1月31日に開催した公開講演会「2008年アメリカ大統領選挙と宗教勢力」の映像を公開しました。こちらからご覧ください。
[PR]
# by cismor | 2009-02-12 09:56 | お知らせ
国際シンポジウム「イスラームにおける諸宗教間対話への試み」のニュース(2009/2/7)
アルイマーム・ムハンマド・イブン・サウド・イスラーム大学のホームページに、1月24日のCISMORとの共催シンポジウムの様子が掲載されました。

http://www.imamu.edu.sa/news/Pages/news_30-01-1430_3.aspx
[PR]
# by cismor | 2009-02-07 09:58 | お知らせ
Arabic and Hebrew in Medieval Times: a Unique Symbiosis(2009/1/19)
去る1月14日(水)に、Groningen大学のWout van Bekkum教授をお招きして、研究会が開催されました。大勢の大学院生が参加し、盛況な研究会となりました。

【要旨】
 ヘブライ大学(エルサレム、1925-)初のイスラーム研究を専門とする教員であったShelomo Dov Goitein(1900-1985)は、ゲニザー文書を頼りに、中世ユダヤ社会の研究に携わっていた人物でもある。その中でも彼は特に、中世のアラブ・ユダヤ関係を描いたゲニザー文書に興味を頂いていた。ゲニザー文書は、11-13世紀の中世イスラーム社会における、アラビア語を話すユダヤ教徒の状況について述べていた。
 そして1989年、これまで隠されていたゲニザー文書が、Abraham Firkovich(1786-1874)の貢献もあり、ロシアで白日の下に晒された。Firkovichは1830年代にパレスチナ、シリア、エジプトなどを訪れ、多くのゲニザー文書を収集していた。その多くはユダヤ教カライ派に関する史料であり、Firkovichの調査の成果は、カライ派に関する昨今の歴史研究の潮流の元となった。
 カライ派は、アラブ・イスラーム世界の特殊な状況の中で、長い歴史の中でユダヤ教から分かれた人々である。彼らは近年まで、ラビ・ユダヤ教の伝統と袂を分かった、ユダヤ教内の少数の教団(sect)だと理解されてきたが、その内実は様々である。例えば第二次世界大戦下の1939年、ポーランドとロシアのカライ派の人々は、ドイツ内務省に自分たちはユダヤ教徒でないことを訴えた。その訴えがナチス政府に認められことによって、当地のカライ派の人々は、ホロコーストを免れた。しかしそのことによって戦後、カライ派をナチスに協力的であった存在と見なしたソ連によって、東欧のカライ派の共同体は破壊されてしまった。
 Zvi Ankoriのものを始めとする、カライ派に関する本格的な研究は、1950年代半ばから始まった。そこでは「カライ派」の概念規定の基礎として、ユダヤ教の宗教運動の中の一つ、中世ユダヤ教の宗教文化における欠かせないものの一つという理解がなされている。そして中世ユダヤ教においてヘブライ語とアラビア語の双方が用いられていたことから、カライ派の研究は、ユダヤ・アラブ研究の一部としても行なわれ始めた。
 カライ派の人々は、タルムード(成文律法)やトーラー(口伝律法)を拒絶し、ヘブライ語聖書を唯一の聖典として認める立場にある。al-Maqdisiやal-Mas‘udiといったアラブ歴史研究者は、同派の祖と言われるAnan ben Davidの名に因んで、カライ派を「アナンの人々」(Ananite/Ananiyya)と呼ぶ。彼らは、自分たちの起源が第二神殿時代にあると信じ、エルサレムに多く移り住んだ。奔放な私生活からその社会的権威を低下させつつあったラビ・ユダヤ教の人々に対して、当時の彼らは、ムスリムの支援を受けながら、エルサレムでの生活基盤を安定させていったのである。

              (同志社大学大学院神学研究科博士後期課程 高尾賢一郎)
[PR]
# by cismor | 2009-01-19 09:59 | 研究会
公開講演会「 無神論者としてのユダヤ人の創出:ロシア、その他」の映像を公開しました(2009/12/9)
12月2日に開催された公開講演会「無神論者としてのユダヤ人の創出:ロシア、その他」の映像を公開しました。こちらからご覧ください。
[PR]
# by cismor | 2008-12-09 09:59 | お知らせ



同志社大学 一神教学際研究センター(CISMOR)の最新情報をお届けします。
by cismor
カテゴリ
全体
講演会
研究会
新聞記事
新著紹介
来訪者紹介
お知らせ
国際会議
未分類
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
検索
関連リンク
ライフログ
最新のトラックバック
東京大学東洋文化研究所
from 学ぶ・教える・教育についての言葉
二本角が表すもの
from Audentes Fortu..
『アルナの子どもたち』(..
from ど風呂グ
アラビア語インテンシブ
from 観想芸会
報告「一神教聖職者交流会..
from YokotaToruBlog
CISMOR研究会
from KOHARA BLOG
同志社大学一神教学際研究..
from Kuro-san: 更新日誌
CISMORブログを開始!
from KOHARA BLOG
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧